• お見積り(無料)
  • 現在の納期状況
  • ORDER GUIDE
  • 鉄脚のオーダー家具製作を行う|macey order shop
    トップページ > COLUMN > Vol2. 鉄脚をオーダーする時のポイントをわかりやすく

    COLUMN

    Vol2. 鉄脚をオーダーする時のポイントをわかりやすく

    更新日:H26.5.4

    お客様が鉄脚や鉄加工品を検討される際に、考えておいた方がいいポイントをまとめています。

    鋼材の種類 鉄にはパイプや角パイプ、角鋼、平鋼(FB)、アングルや丸鋼、などの規格品があり、それぞれに規定のサイズがあります。
    規定のサイズをうまく利用することで、材料費などを抑えることが出来ます。
    厚み 鋼材の種類ごとに規定のサイズがあるように、厚みもそれぞれ規定のサイズがあります。厚みを増すと強度が上がりますが、鋼材費も上がり重さも増します。
    逆に、厚みを薄くすると価格を抑えることも出来ますが、強度が弱くなり、溶接による歪みが出やすくなる可能性もあります。
    仕上げ 鉄の表面仕上げには、塗装とメッキと蜜蝋塗りがあります。

    ・焼付塗装
    メラミン焼付塗装が一般的です。メラミン焼付塗装は、塗装前(生地)や蜜蝋仕上げに比べると若干鉄の風合いは落ちますが、錆や傷に強く、またメンテナンスもほとんどする必要がないというメリットがあります。一方で、鉄の風合いや加工痕をそのまま残したい場合には、クリアー塗装(つや消し黒や透明色)がおすすめです。私どもはクリアーについても、被膜が強いアクリルやウレタンを使用しておりますので長持ちします。
    塗装色はご希望の色をお教え下さい。また、つやの有無や3分つやなどの指定も可能です。

    ・メッキ
    家具什器の場合あまりメッキを選ばれるお客様はいませんが、屋外使用のテーブルや、ディスプレイ用にメッキを選ばれるお客様もいます。
    屋外使用を目的とし錆び対策を重視される場合には、溶融亜鉛メッキがおすすめです。溶融亜鉛メッキは標識の柱などに施されているもので、外観はあまり綺麗とは言えませんが、メッキの効果が高いです。一方で、屋内使用の場合には、ユニクロメッキやクロムメッキなどがあります。

    ・蜜蝋塗り
    蜜蝋とは、ハチの巣からから採取して出来るロウ(ワックス)のことです。蜜蝋は天然由来のため、キャンドルやハンドクリームなどにもよく使用されています。また、体には良いのでお子様用の机に使用される場合もありますが、一方で通常の焼付塗装に比べるとメンテナンスが大変になります。蜜蝋は高温に弱く、皮膜も弱いため定期的に塗るなどのメンテナンスが必要となります。
    キャスター 移動する頻度が多い場合には脚下部にキャスターをつけることをおすすめします。キャスターの選定には、耐荷重や車輪径、ストッパーの有無などを考慮します。
    アジャスター 床を傷つけたくない場合や、テーブルのガタつきが心配な場合などにはアジャスターをつけることをおすすめします。
    ページ上部へ